ホントに?!日傘の効果は期間限定なの?いつまで使えるか知りたい!

雑学・豆知識
この記事は約6分で読めます。

 

2月も後半を迎え、季節はもうすぐ春です。

春になると、そろそろ

紫外線が気になりだす季節なので、

日焼け防止のために日傘を使いだす人が

あらわれるのではないでしょうか。

 

でもこの日傘、実は寿命があるらしいのです!

 

寿命が切れた日傘は

UVカット効果が期待できないのなら、

ぜひともその日傘の使用期限を知りたいですよね。

 

ここでは、

日焼けを気にする女性のために

日傘の効果は期間限定なのか、

また、期間限定ならいつまで使えるのか、

さらに、日傘の効果を

長持ちさせる方法をご紹介しますね。

 

壊れてなくても買い替えなきゃダメ?日傘の効果が持つと言われる年数とは?

 

実は、日傘には2つの種類があります。

ひとつはUVカット素材でできている日傘と

もう一つは素材にUVカット加工が施されている日傘です。

 

UVカット素材で作られている傘は、

効果に期限はありません。

傘の生地が破れたり、

骨が折れたりして壊れない限りは

日傘としてずっと使用することができます。

 

ただし、傘の素材に

UVカット加工が施されている傘には

UVカット効果に期限があります。

その年数はおよそ2~3年と言われています。

 

傘の素材にUVカット効果が施されている

日傘に有効期限があるのには理由があります。

 

それは、

UVカット加工が素材に施されている傘は、

傘の素材自体にUVカット効果があるものと違い

UVカットできるように

ポリウレタンコーティングなどを

製造工程で後から生地に施しているからです。

 

素材自体にUVカット効果があれば

その日傘は壊れない限りずっと使えますが

UVカット加工は日傘を使用していくうちに

コーティングが少しずつ取れていきますので

効果がどんどんなくなっていくのです。

 

日傘を期限なく長い年数使用したいのであれば

できれば傘の生地の素材自体に

UV効果があるものをチョイスして

使用することをおすすめします。

 

アンベル株式会社が製造販売する

HEAT BLOCKという日傘は、

傘の生地のスペックが遮光100%、

UVカット99.9%なのに生地が薄く、

骨がカーボンフレームファイバーでできているので

軽くて丈夫な風にも強いおすすめの日傘です。

 

素材自体に遮光性が高い日傘は

どうしても生地が厚くなりがちなのですが

HEAT BLOCKは

生地が薄いうえに遮光性も高く、

日傘の本体重量が108グラムという

超軽量の持ち運びに便利な折りたたみ日傘となっています。

 

通勤バッグに入れて持ち歩いてもかさばらず

日焼けを防ぐにはもってこいの日傘ですね。

 

価格はUmbrella Storeで

送料別の6,000円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

403 Forbidden

 

日傘の効果を長持ちさせたい!使える年数を長くするために実践したいテクニック

 

上記でご紹介しましたアンベル株式会社の

HEAT BLOCKのように

UVカット素材で作られている日傘は

長い年数使用してもUVカット効果が持続しますが、

 

傘の生地に

UVカット加工が施されているタイプの日傘は

UVカット効果が期待できる年数は2~3年

となっていますので、

長い年数使用することができません。

 

でも、使い方を工夫すれば、生地に

UVカットのコーティングが施されている

タイプの日傘でも効果を落とさず

使える年数を長くすることができます。

 

ここでは、日傘のUVカット効果をキープして

使用年数を伸ばす方法をいくつかご紹介しますね。

 

UVカットの

コーティングが施されているタイプの

日傘の使用年数を伸ばすのにおすすめなのが、

日傘に使えるタイプのUVカットスプレーを

活用するという方法です。

 

このUVカットスプレーは、もともとUV加工が

施されている日傘の効果をUPしたり、

経年劣化で剥がれてきているコーティングを

補充したりすることができるアイテムなのです。

 

このUVカットスプレーを日傘にスプレーすることで

UVカット効果を持続、またはUPすることができ

日傘の使用年数を伸ばすことができるのです。

 

ネットショップのアマゾンで販売されている

3Mのスコッチガードは、

日傘の生地にスプレーするだけで

UVカット効果をUPするだけでなく

防水効果も高めることができちゃいます。

 

価格はネットショップのアマゾンで

送料別の1,444円となっています。

日傘の使用年数を伸ばしたいなら、ぜひ、入手しておきましょうね。

 

商品紹介サイトURL:

Amazon.co.jp : スリーエム(3M) 防水スプレー 防水 UVカット 衣類 布製品用 300ml スコッチガード SG-V300i : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、スリーエム(3M) 防水スプレー 防水 UVカット 衣類 布製品用 300ml スコッチガード SG-V300iを ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

日傘にはちょっとした雨の時にも使える

晴雨兼用のものがありますよね。

 

晴雨兼用の日傘だからと言って、

雨の日に日傘を頻繁に使用していると

傘に使用されている

UVカットのコーティングをされた生地の

コーティングがはがれやすくなり、

日傘のUVカットの有効期限が短くなってしまいます。

 

また、晴雨兼用の日傘というのは

日傘に防水加工を施しているタイプなので、

雨の日に雨傘として使用していると

防水加工が少しずつ取れていきますので注意しましょう。

 

実は、日傘のUVカットコーティングは

日光や蛍光灯に当たることでも効果が落ちていきます。

 

生地にUVコーティングを施しているタイプの

日傘の使用年数を伸ばしたいなら、

保管場所は日差しや蛍光灯の光が当たらない

暗所にしましょうね。

 

まとめ

 

日傘はUVカット効果のある素材が

使われているタイプの物なら

傘自体が壊れない限り長期間使用できますが

素材にUVカットコーティングが

施されているタイプの日傘は

UVカット効果は2~3年しか持続できません。

 

同じ日傘を長期間使用したいなら、

素材自体にUVカット効果がある

日傘を購入するか、上記でご紹介した

日傘の使用年数を伸ばす方法を活用して

お気に入りの日傘をできるだけ

長い年数使用できるように工夫しましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました