初盆のお供えの定番は花?!詳しく知りたい!初盆のお供えのマナー!

日本の風習・行事
この記事は約7分で読めます。

 

初盆は人が亡くなった後、49日を過ぎてから

初めて迎えるお盆のことです。

お盆は先祖の霊をお迎えして供養する期間です。

 

初盆は、亡くなった方が初めて帰ってくる

お盆を初盆、または新盆といい

普段以上に手厚くもてなします。

 

初盆には親族や近しい人を呼んで法要を行います。

法要では、住職を呼んで焼香し、

その後に会食(御斎)をする、というのが

通常の流れです。

 

新盆に招かれたら

「御提灯代」または香典を包みます。

 

相場は個人との関係にもよりますが、

3,000円から10,000円ほどです。

 

法要が終わった後、

会食をご馳走になる場合には

香典代にプラスして

5,000円から10,000円を上乗せて包みます。

 

なぜ、「提灯代」かといいますと、

初盆では親族や親しかった方が

提灯を贈るという慣しがあるから。

 

提灯の数が多ければ多いほど、

故人が慕われていた印とする地域もあります。

 

初盆に初めて帰ってきた故人が

迷うわないように、提灯を掲げるのです。

 

法要に招かれたけれども、都合がつかない場合には

法要の前日までに御供物を贈ります。

招かれていないけれど御供物を贈りたい場合も

同じように贈ります。

 

法要に招かれていないけれど、

焼香したいという場合は法要とは別な日に、

相手の都合を聞いてから訪問しましょう。

 

法要の日は主催者は忙しいので、

突然招待されていない人がくると場が混乱し、

ご迷惑をかけてしまします。

 

法要が済んで、余裕を取り戻した頃に

相手の都合を聞いてから伺いましょうね。

 

葬儀は、会社関係など、

故人と親しくなくとも参列しますが、

初盆は違います。

 

初盆は、仏様になったご先祖様やご家族を

家族や親戚、知人友人など近しい人が迎える行事です。

 

特にお世話になっている方の親の

初盆という場合には御供物をすることもありますが、

それほど親しくなければ初盆の供物は

気にしなくて良いでしょう。

 

初盆の法要に招かれた場合のみ、

御供物や香典など用意します。

 

初盆のお供えの定番は花だけにあらず?!定番のお品はこれだけあった!

 

初盆のお供えというと思い浮かぶのは、

花や線香などですよね。

お盆の御供物は他にも定番品があります。

 

お盆の供物の定番は「五供」と呼ばれる品々です。

「五供」は「香」(お線香)「灯明」(ロウソク)

「花」「浄水」「飲食物」を指します。

「浄水」は仏前にそなえる水やお茶のことなので、

御供物としては省きます。

 

ロウソク、線香、花は法事の定番ですね。

 

仏教では、線香の香りは

故人の食事であると考えられています。

そのため、葬式ではお線香をあげ、

故人の冥福を祈ります。

 

最近では、線香は香りの良いものや

煙の少ないもの、火事防止に配慮して

短いものなどさまざまなものがあります。

 

故人の好きだった香りや、

家族に配慮した形のものを贈りましょう。

 

楽天:御進物お線香

https://a.r10.to/hIOQU3

 

ロウソクは仏教では

浮上な汚れを払い清める役目を担います。

灯明(ロウソク)をつけることで、

煩悩の闇に光を当て、さらに、ご先祖様が

迷うことなくこちらへ帰ってこられるように、

あちらからこちらがよく見えるように灯します。

 

アマゾン:御進物ロウソク

Amazon|◆進物ローソク◆和風ローソク『華和』セット 化粧箱入り(贈答用ローソク)【ご進物】|仏前ろうそく オンライン通販
◆進物ローソク◆和風ローソク『華和』セット 化粧箱入り(贈答用ローソク)【ご進物】が仏前ろうそくストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

花は定番ですよね。

美しいフラワーアレンジメントされたものなど

飾って楽しまれるものを選ぶと良いでしょう。

色調は「白」を基調にするのが無難です。

 

飲食はお菓子などが無難です。

夏なので、水羊羹やゼリーなど、

家族構成に配慮して贈りましょう。

 

お供えしやすい形状で、かつ、

日持ちするものが喜ばれます。

また、旬の果物なども定番の一つですね。

 

また、海苔や昆布などや乾麺などの

日持ちする食品も一般的です。

 

楽天:御進物ゼリー

https://a.r10.to/hbaRdi

 

故人が好きだったもの、などは

他の方と被ってしまう可能性があるため

よく考えて贈りましょう。

 

最も大事なことは、贈る先の

負担にならなように配慮することです。

 

初盆のお供えに花を選ぶならこう選ぼう!初盆に適した花の種類と相場を学ぼう!

 

供花として思いつくのは、菊ですね。

 

菊が供花に用いられるのは、

日持ちがして枯れにくく、

種類が多くあること、そして、

邪気を払うと言われているからです。

 

菊以外にも供花としては日持ちがして

枯れにくい花が選ばれます。

 

カーネーションや

あやめの一種であるアイリス、

乾いても色あせないスターチスなどが

よく使われていますね。

 

供花のアレンジは、白を基調として行われます。

 

白を基調にして淡色で構成されることが多く、

ブルーや紫で品よくまとめられたもの、

淡いピンクで可愛らしいもの、

薄い黄色で目に優しいものが好まれるようです。

 

ただし、初盆の場合は丁寧に

法要が行われるので白が無難ですね。

 

もちろん、故人が好きだった花を

贈るのも良いでしょう。

 

ただし、供花には向かない花もあるので

それは避けた方が無難です。

 

供花に向かないのは

石楠花や彼岸花など毒のあるもの。

アザミやバラなどトゲのあるもの。

またツルを巻くものもNGです。

 

毒のある花はタブーです。

バラなどトゲのあるものは殺生を連想させます。

ツルを巻くものは仏教の教えにそぐわないからです。

 

また、同じように

香りの強いものは供花には向きません。

 

百合など、白く凛とした立ち姿は美しいですが、

香りが強く、さらに花粉が飛び散り、

痛みやすいので供花には向きません。

アレルギー症状を引き起こす危険性もあります。

 

最近では香りを抑えた品種や、あらかじめ

花粉を切ってあるゆりの花もあります。

うまく活用しましょうね。

 

供花の相場は5,000円〜15,000円です。

人気の価格帯は10,000円前後です。

 

供花は自宅で飾ります。

そのため、大きなものを選ぶと

ご家族に迷惑がかかります。

ほどよい大きさのものを選びましょう。

 

こんなフラワーアレンジメントはいかがですか?

 

楽天

https://a.r10.to/hbgfoM

 

花ではなく供花料として包む場合の相場は

3,000円〜10,000円です。

相手方との関係性を考えて

負担にならない金額を包みます。

 

まとめ

 

49日を過ぎて初めてこちらへと帰ってくる

故人をお迎えするのが新盆です。

 

家族や親戚、知人など近しい人を招いて法要を行い、

故人の思い出話に花を咲かせて故人を偲ぶ場です。

 

まだ、故人を失った傷が生々しい時期でもあります。

法要に参加する場合や供物を贈る場合には、

家族への配慮を最大限に考えましょう。

 

あまり気を使わせるのもよくありません。

相手の負担にならないようにしましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました