初めての寝袋はコンパクトで安いものが便利?おすすめ商品を教えて!

旅行・お出かけ
この記事は約6分で読めます。

 

キャンプに登山、はたまた車中泊まで・・・。

寝袋(またの名をシュラフという)の活躍の場は、

果てしなくあります。

 

寝袋にも春夏用、秋冬用、オールシーズン用と

種類がありますので、使う時期や、

用途によっても選び方が変わってきます。

 

種類は下記の3つ!

 

封筒型(長方形のタイプ)

 

上から下までの幅が同じで一番、布団っぽい。

しかし体にフィットする作りじゃないので保温性性能は低めです。

 

マミー型(人形型・・・芋虫みたいなかたち)

 

体への密着性が高いので保温性能が高い。

寒がりだという人におすすめ。

足元はくるりと包まれているので温かい。

しかし身動きは取りづらい。

 

エッグ型(卵型)

 

封筒型とマミー型のいいとこ取りをしたタイプ。

封筒型の寝心地と、マミー型の保温力。

身動きもとりやすい。

 

 

形のタイプによって長所短所がありますので

自分にあっているのはどのタイプになるのか学びながら

自分の1番を探していきましょう!

 

寝袋のおすすめ商品第1弾!かさばらない・持ち歩きやすいコンパクトな商品5選!

 

ウルトラコンパクトシュラフ(封筒型)/ロゴス

 

収納サイズは、ほぼA4サイズと同じ!

リュックや自宅での保管にも場所を取りません!

洗濯機での丸洗いもOK!重さは1.1kgと軽量です。

 

適正温度2℃までは耐えられますので、

春夏+初秋ぐらいまでは使えそうです。

 

 

ウルトラコンパクトアリーバ(マミー型)/ロゴス

 

圧縮して収納すればA4サイズに収まります。

重さは1.35kgとこちらもかさばりません!

 

洗濯機丸洗いもOK!

適正温度は-6℃まで大丈夫ですので、平地であれば

マットも併用して冬の初めくらいまでは使えそうですね!

 

 

マミー型シュラフ エア130X8度/イスカ

 

総重量は300g!収納時の大きさはペットボトル大!

最小であり、最軽量です。機能性も抜群です!

 

しかし、丸洗いはできませんので使用後は

陰干しが肝心です!

 

適正温度は8℃~となっていますので、

秋冬の単体での使用は不向きです。

 

スリムタイプですので

インナーシュラフとしてお使いいただけます!

いろいろな用途があるのは便利ですね!

 

 

封筒型シュラフ/Naturehike

 

収納サイズは最小で25×26にまで収めることが出来ます!

収量は1.5kg。快適温度は10℃で限界温度は5℃。

春夏の使用がおすすめです!

 

丸洗いOKです!ありがたや!

 

 

マミー型エア300SL/イスカ

 

収納時のサイズは2リットルのペットボトル大。

重さは570gです。使用季節は春から夏がおすすめ。

 

夏の北アルプスでも使えるので

平地であれば秋口まで使えます。

 

最低使用温度は2℃です。

良質なダウンを使用しているので値段は高めです。

 

 

寝袋のおすすめ商品第2弾!コンパクト+安い!が売りの商品5選もご紹介!

 

封筒型丸洗いできるシュラフ ¥400

 

収納サイズはA4よりも少し大きめくらいです。

使えるシーズンは春から秋まで。

全3色(レッド、オレンジ、ブラック)

 

耐寒温度は使用気温の+7℃です。

10℃以下で使うには少し寒そうですね。

 

 

封筒型枕付きシュラフ ¥980

 

使用限界温度は-10℃です。

オールシーズン使えるようです!

枕付きのタイプと、枕なしのタイプが選べます。

全3色(グリーン、オレンジ、ネイビー)

 

首の部分をキュッとしめることで

保温性能も高めることが出来ます。

 

A4サイズ大までに収納することができますが、

丸太のような形になるのでかさばるかもしれません。

 

 

シュラフ万能一人用 ¥284

 

収納サイズは16センチ×35センチ。重量は575gです。

値段とサイズ感から見ると万能です!

 

しかし適正温度は15℃からであり、

中綿もポリエステルを使用しているので

使うなら夏場に限られそうです。

 

キャンプ泊で単独で使うには薄すぎるので

別にシュラフの下にマットが必要そうです。

 

 

迷彩カモフラ柄 封筒型シュラフ ¥170

 

迷彩柄は周りの人と差が付けられるデザインですね。

収納サイズも27センチ×40センチ、

重量も2.2キロとあまりコンパクトではありませんが

体感温度は-12℃まで耐えられます。

 

冬場でも使用できるのがポイント高めです!

 

 

丸ごと手洗いできるマミー型シュラフ  ¥2.780

 

収納サイズは26センチ×44センチ。

重量は1.35kgです。

収納時の大きさはありますが、

重量はそのほかのものと大差ありません。

 

耐寒温度は-4℃まで耐えられます。

全4色(レッド、オレンジ、ブルー、グリーン)

 

 

まとめ

 

シュラフにもサイズやタイプがあるので自分にあったものを

よく検討して購入しましょう。

 

私が個人的に大事だと思う点は

耐寒温度がどれくらいまであるかという事です。

 

夏場のキャンプだからと夏用のシュラフを使っても、

マットを敷かずに直に地面に寝てしまうと

夜の間にのぼってきた湿気に体温を奪われて寒かった、

風邪をひいてしまった、なんてこともありますので、

よくよく注意が必要です。

 

自分にあった、とっておきの

シュラフが見つかるといいですね♪

 

私はどれにしよーかなー。

寒がりだからマミー型がいいかなー。

 

タイトルとURLをコピーしました