おすすめの本はある?!ミステリー小説でどんでん返しを満喫したい!

雑学・豆知識
この記事は約7分で読めます。

 

ミステリーというと、

テレビ番組の火曜サスペンス劇場などが

思い出されますね。

 

ミステリーは、推理小説から誕生したジャンルで、

探偵もの、推理ものと比較するとより、

謎が深い、さらには超常現象やSFなどの

不思議な物事を扱った物語が多いです。

 

これはミステリーの語源に由来していて、

ミステリーは、「神の隠された秘密」

「人智では計り知れないこと」という

ギリシア語が語源になっています。

 

ミステリー小説の定義は

「発端の不可思議性」

「中途のサスペンス」

「結末の意外性」だと言われています。

 

ミステリー小説は、

最初の事件が不思議であればあるほど、

結末が楽しみで読み進んでしまいますよね、

 

エドガー・アラン・ポーの

「モルグ街の殺人」から始まったミステリーは

今ではたくさんの名作が生み出され、

多くのミステリーファンを擁しています。

 

ミステリー作家というと筆頭にあげられるのは

「そして誰もいなくなった」「オリエント急行の殺人」

を執筆したアガサ・クリスティや、

「シャーロック・ホームズ」を書いた

アーサー・コナン・ドイルでしょうか。

 

シャーロック・ホームズは探偵ものでしょ!と思いますが、

ミステリーも推理小説の中の一枠ですから、

ミステリーに分類しても間違いではないです。

 

日本では、江戸川乱歩や横溝正史、松本清張などが

とてもとても有名な推理小説作家です。

 

不可解な、どこか日本的な暗さと

ドロドロとした感情がこびりつく事件に、

ミステリー好きなら、一度ならず

二度、三度と興奮したことでしょう。

 

奇抜な事件の冒頭に、小さな手がかりを探し出し、

意外な結末にいたる経過はとても興奮し、

読むことがやめられなくなりますね。

 

事件の謎を解き明かしながら、

訪れる意外な結末に興奮すること請け合いの

おすすめのミステリーをご紹介します!

 

あなたはこのミステリーを見破れる?おすすめの小説。どんでん返し入門編5冊

 

この子の七つのお祝いに 斎藤澪

 

第一回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

底辺に流れるドロドロとした澱、後味の悪い結末、

怖いミステリが読みたいなら、ぜひ手にとってみてください。

 

古い作品で、版元ぎれですので、中古品しかありませんが、

図書館などでぜひ探して欲しい、ミステリ中のミステリです。

 

この子の七つのお祝いに (1981年)
この子の七つのお祝いに (1981年)

 

葬列 小川勝己

 

こちらも、横溝正史ミステリ大賞受賞作。

小川勝己さんのデビュー作です。

デビュー作とは思えないほど、

「読ませる」力がある作品で、どんどんと引き込まれます。

 

内容は、ちょっと「無茶しすぎじゃない?」と思いますが、

ノリがよく、文章テンポもいいので

読みやすく面白いです。最後のどんでん返しも見事!

 

葬列 (角川文庫)
――これが私たちの戦争なんです――横溝正史賞大賞受賞作! 社会にもてあそばれ、運命に見放された三人の女と一人の男。逆転不能の状況のなかで、負け犬たちは、とっておきの作戦を実行した。果てなき欲望と本能だけを頼りにして――。

 

ぼっけえ きょうてえ 岩井志麻子

 

ミステリーというかホラー小説ですが‥。

どんどんと怖くなる、そして最後に語られる秘密。

読み進めるごとに深くなる恐怖に、背後が気になり始めますよ。

 

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作、待望の文庫化! 岡山の遊郭で醜い女郎が客に自分の身の上を語り始める。間引き専業の産婆を母にもち、生まれた時から赤ん坊を殺す手伝いをしていた彼女の人生は、血と汚辱にまみれた地獄道だった……。

 

厭魅の如き憑くもの 三津田 信三

 

「おぞましもの」の気配漂う村で起こる殺人事件を書いたお話。

呪われた血筋、伝説など民俗学や

呪術などが好きな人ならきっとハマることでしょう。

そして最後に解き明かされる真実。

ゾクゾク感を堪能したい人におすすめです。

 

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
戦慄の本格ホラー推理!山深い村に蔓延る恐怖の連続! 神々櫛(かがぐし)村。谺呀治(かがち)家と神櫛(かみぐし)家、2つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、最初の怪死事件が起こる。本格ミステリーとホラーの魅...

 

ビブリア古書堂の事件手帳 三上 延

 

古書にまつわる謎をとくお話。とても読みやすいです。

ほんに隠された日常の謎を、古書堂店主が、

膨大な古書の知識を遺憾なく発揮して読み解いていきます。

全7巻

 

ビブリア古書堂の事件手帖
累計700万部の大人気古書ミステリ、再始動!「扉子編」最新刊が好評発売中!!メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』のオフィシャルWebサイト

 

ミステリーを読みこなした人におすすめ!どんでん返し上級編5冊をご紹介!

 

姑獲鳥の夏 京極夏彦

 

その厚さにまずはのけぞりましょう。

しかし、読み進めていくと止まらなくなる、

京極夏彦のミステリー。

 

魅力的なキャラクターたちとしっかりとした骨太の設計、

そして「憑物が落ちたように」に腑に落ちる結末。

 

妖怪など超常現象的な謎に見せかけた事件を、

長台詞で解いていく爽快感は筆舌しがたいです。

 

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
この世には不思議なことなど何もないのだよ――古本屋にして陰陽師(おんみょうじ)が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第1弾。東京・雑司ヶ谷(ぞうしがや)の医院に奇怪な噂が流れる。娘は20箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津(えのきづ)らの推理を超え噂は意外な結末へ。京極堂、...

 

全てがFになる 森博嗣

 

理系な作品です。

コンピュータのプログラムなどが

事件の「鍵」になります。

 

「理系はちょっと」と敬遠せずに

ぜひ手にとってみてください。

キャラクターの魅力や、しっかりとした設定で、

理系が苦手でも面白く読み進められます。

 

すべてがFになる (講談社文庫)
密室から飛び出した死体。究極の謎解きミステリィ。 コンピュータに残されたメッセージに挑む犀川助教授とお嬢様学生・萌絵。 孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN...

 

黒祠の島 小野不由美

 

ライトノベルやファンタジーの印象が強い

小野不由美さんの本格ミステリ小説。

 

閉鎖的な島で起こった事件には、

島の因習や宗教が複雑に絡んでいた‥という

ホラー寄りのミステリ好きにはたまらない作品です。

 

黒祠の島 (新潮文庫)
「そう――ここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教"が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨害するのだった。惨事の名残を留める廃屋。神域で磔にされていた女。島は、死の匂いに満ちていた。闇を統べるのは何者なのか?...

 

マークスの山 高村薫

 

重厚な文体、複雑なストーリー、

ラストまで駆け抜ける感覚が秀逸です。

大幅な書き直しがあった文庫版よりも

改定前の単行本がおすすめ。

 

それ以外の高村薫氏の作品も甲乙つけがたいですが、

一番好きな作品をおすすめします。

 

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)
マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

 

ぼんくら 宮部みゆき

 

時代物ですがミステリとしてもとても素晴らしい作品です。

宮部みゆきさんのミステリというと

模倣犯や火車などがとても有名ですが、

時代物もとても素晴らしい作品が多くあります。

 

ぼんくらは、連作?と思わせておいて、

全てが一つのお話としてつながっています。

宮部みゆきさんの人情味溢れる、

情の深いミステリをぜひ楽しんでください。

 

ぼんくら(上) (講談社文庫)
時代ミステリーの傑作遂に待望の文庫化! 「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」――江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。著者渾身の長編時代ミステリー。...

 

まとめ

 

ミステリーの名作は多くあります。

ご紹介できなかったものの、

面白い作品はたくさんあるので、

図書館や本屋さんで気になる本は

かたっぱしから手を伸ばしてみるのがおすすめです。

 

ここに紹介していなくても、

綾辻行人さんの「館」シリーズや

東川篤哉さんの「謎解きはディナーのあとで」、

有栖川有栖さんの「アリスシリーズ」も骨太な作品群。

是非是非読んで欲しい作品たちです。

 

本屋さんや図書館に行ったら、

まずは頭を真っ白にして

気になるタイトルの本に手を伸ばしてみた方が、

きっとあなたにぴったりの作品が見つかるはず。

 

たくさんの本を楽しんでくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました