歴史小説で歴史がわかる?!おすすめの戦国時代を扱った作品10冊!

雑学・豆知識
この記事は約8分で読めます。

 

群雄割拠の日本の戦国時代のことを

詳しく知るには、

歴史のテキストを読むのもいいですが、

戦国時代を描いた歴史小説を読むのも

より臨場感があってわかりやすいですよね。

 

人気歴史小説はいろいろありますが、

歴史の勉強にもなり、面白さも抜群の小説なら

楽しく歴史の勉強ができそうです。

 

そんな、歴史小説で歴史の勉強をしたいと考えている

学生のために、ここでは歴史小説初心者でも

読みやすい歴史小説とこれは外せないという歴史小説を

それぞれ5冊ずつランキング形式でご紹介しますね。

 

歴史小説初挑戦でも読みやすい本ランキング!?戦国時代を扱った作品TOP5

 

歴史小説を読んで日本の戦国時代の

歴史を学びたいけれど、

歴史小説初心者なので、できれば

初心者でも読みやすい面白いものがいい

と考える方は多いですよね。

 

そんな方のために、以下に

歴史小説初挑戦でも読みやすい本を

5冊ランキング形式でご紹介しますね。

 

⑤堺屋太一 「豊臣秀長」

 

豊臣秀吉といえば、農民から織田信長に仕え立身出世して

天下取りを実現した武将ですが、

その秀吉を陰ながら支えていた秀長を描いた

戦国時代の歴史小説なのが堺屋太一氏の「豊臣秀長」です。

 

秀吉の天下は秀長の手腕なくしては

実現しなかったことがわかる

歴史上の裏方の仕事ぶりについてよくわかる

歴史小説です。

 

この小説は、ネットショップのアマゾンで

全1冊送料無料の1,210円で販売されています。

 

商品紹介サイトURL:

全一冊 豊臣秀長 ある補佐役の生涯 (PHP文庫)
世に名将・名参謀と呼ばれる人物は数多いが、名補佐役はきわめて少ない――。激動の戦国時代、尾張の貧しい農民の出でありながら、野心家の兄・秀吉を天下人たらしめ、自らも“大和大納言"と呼ばれるまでにのぼりつめた男・豊臣秀長。この人なしに、秀吉は天下人になれなかったと言われる。本書は、卓越した実務能力と抜群の調整力、非凡な統治...

 

④吉川英治 「宮本武蔵」

 

戦国時代を剣ひとつで生き抜いた実在の人物

宮本武蔵の生きざまを描いた吉川英治の歴史小説である

「宮本武蔵」は、歴史小説初心者でも

大変読みやすく見ごたえのある1冊となっています。

 

肩ひじを張らずに歴史溶接を読みたい方に

ぴったりの本です。

 

「宮本武蔵」は全部で5巻の小説で

1冊はネットショップのアマゾンで送料別の

649円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

宮本武蔵(一) (新潮文庫)
屍ひしめく関ヶ原で命からがら落ち延びた武蔵(たけぞう)と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ……。憎しみに任せ、次から次へと敵を打ち殺す野獣武蔵に対峙する、沢庵。殺めるためではなく護るための剣とは? 一介の武弁が二天一流の開祖宮本武蔵(むさし)に至るまで志を磨く道、ここに始ま...

 

③池波正太郎 「真田太平記」

 

池波正太郎氏の歴史小説「真田太平記」は、

戦国大名真田幸村とその家臣たちを描いた

とても面白い歴史小説です。

 

小説は、全12巻となっており

とっても読み応え抜群です。

 

内容は本能寺の変まで描かれており、

歴史ものなのに読みやすい点も

この歴史小説の魅力の一つです。

 

価格は、1冊がネットショップのアマゾンで

送料無料の825円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)
天下分け目の決戦を、父・弟と兄とが豊臣方と徳川方とに別れて戦った信州・真田家の波瀾にとんだ歴史をたどる大河小説。全12巻。

 

②山岡荘八 「徳川家康」

 

戦国時代に苦労しながらやがて天下統一を果たし

江戸幕府を開いた1代目将軍

徳川家康の生涯を描いた歴史小説なのが

この山岡荘八氏の「徳川家康」です。

 

文庫だと全26巻とかなり長編の

歴史小説となっていますが、山岡氏の表現の見事さから

歴史小説初心者でも無理なく読み進めることができる

作品となっています。

 

価格はネットショップのアマゾンで、

1冊送料無料の814円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

徳川家康(1) 出世乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)
竹千代(家康)が生まれた年、信玄は22歳、謙信は13歳、信長は9歳であった。動乱期の英傑が天下制覇の夢を抱くさなかの誕生。それは弱小松平党にとっては希望の星であった──剛毅と智謀を兼ね備えて泰平の世を拓いた家康の生涯を描いて、現代人の心に永遠の感動を刻む世紀の大河ドラマ発端篇!

 

①司馬遼太郎 「関ケ原」

 

司馬遼太郎氏の「関ケ原」は、

文庫本で上・中・下巻の3冊で描かれている

戦国時代の歴史小説です。

 

東軍と西軍に分かれた天下分け目の関ケ原の戦いを

戦国時代の武士たちの生きざまを丁寧に描いている

歴史小説初心者でも読みやすい作品となっています、

 

この小説の1冊の価格は、ネットショップのアマゾンで

送料無料の825円となっています。

 

司馬遼太郎氏の歴史小説は特に面白いので

歴史初心者にはぜひとも読んでみてくださいね。

 

商品紹介サイトURL:

関ケ原(上) (新潮文庫)
関ケ原(上) (新潮文庫)

 

歴史小説を読むならこれは欠かせないランキング?!名作戦国時代小説TOP5

 

書店にはたくさんの戦国時代を描いた

歴史小説の本が並んでいます。

 

歴史小説初心者の方は、あまりにもたくさん本があって

どれを選んだらよいかわからなくて困ってしまい

そうですよね。

 

ここでは歴史小説を読むのであれば

これは欠かせないという小説を5冊ランキング形式で

ご紹介します。

 

戦国時代を描いた歴史小説を読んで

歴史の勉強の参考にしたい方、必見です!

 

⑤和田竜 「村上海賊の娘」

 

和田竜氏の作品「村上海賊の娘」は、

文庫で全4巻の戦国時代の海賊衆を描いた

歴史小説です。

 

本屋大賞や吉川英治文学新人賞を

ダブル受賞している木津川合戦の史実に基づいた

壮大な作品となっています。

 

戦国時代の歴史の参考に読む本としては

ぴったりの作品です。

 

価格はネットショップのアマゾンで

1冊送料無料の649円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
あいつは見るのだ、本物の戦を。 信長vs本願寺、睨み合いが続く難波海に敢然と向かう海賊王の娘。壮絶な陸海の戦いが幕を開ける。累計300万部。本屋大賞受賞の大ベストセラー。 時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、...

 

④司馬遼太郎 「国盗り物語」

 

文庫本全4巻で描かれている

おすすめの戦国時代の歴史小説といえば、

なんといっても司馬遼太郎氏の「国盗り物語」でしょう。

 

斉藤道三や織田信長、明智光秀など

複数の主人公たちの生きざまを描いた

全巻あっという間に読むことができる

戦国の歴史を歴史小説で学びたい人にぴったりの本です。

 

価格はネットショップのアマゾンで

1冊送料無料の880円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

国盗り物語(一) (新潮文庫)
国盗り物語(一) (新潮文庫)

 

③和田竜 「忍びの国」

 

戦国時代を生き抜く忍者の世界を描いているのが

この和田竜氏の「忍びの国」です。

 

嵐の大野智さん主演で映画化もされている

人気作品です。

 

登場人物がとても魅力的なので

読み始めると休むことなく一気に読み終えてしまうでしょう。

 

この本の価格は、ネットショップのアマゾンで

送料無料の649円となっています。

 

武将だけでなく忍者の歴史にも興味のある方は

ぜひ、手に取って読んでみてくださいね。

 

商品紹介サイトURL:

忍びの国 (新潮文庫)
時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた──。破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史...

 

②司馬遼太郎 「播磨灘物語」

 

文庫本全4巻で描かれた戦国末期の

黒田官兵衛を主人公にして描いた作品である

司馬遼太郎氏の「播磨灘物語」も歴史に興味があるなら

ぜひ、読んでもらいたい1冊です。

 

黒田官兵衛は、作者である司馬遼太郎氏もファンの武将で、

「戦わずして勝つ」を実践している魅力的な武将です。

 

この本の価格はネットショップのアマゾンで

1冊送料無料の759円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

①和田竜 「のぼうの城」

 

この文庫上・下巻で描かれている歴史小説

和田竜氏の「のぼうの城」は、

豊臣秀吉と上杉謙信、そして主人公である

成田長親の3人のカリスマ武将が描かれています。

 

戦国時代の合戦を扱う小説としては

実にさっぱりとしているのですが、

とても面白いので一気に読めてしまいます。

 

価格はネットショップのアマゾンで

1冊送料無料の503円となっています。

 

商品紹介サイトURL:

のぼうの城 上 (小学館文庫)
2012年秋映画化原作!戦国エンタメ大作 戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊か...

 

まとめ

 

こちらでご紹介しました戦国時代を描いた

歴史小説は、どれも面白いので

どんなに冊数が多くても

一気に読めてしまうでしょう。

 

戦国時代の歴史の勉強の参考にもなりますので、

歴史小説初心者の方は、

ぜひ、こちらでご紹介しました歴史小説から

お好きな本をチョイスして読んでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました