子供靴のサイズ、うまく選べない?!上手な選び方マニュアルを公開!

子育て
この記事は約6分で読めます。

 

子供の足はすぐに大きくなるから、

もったいないし、

ちょっと大きめ買っちゃおうかな?

 

ついつい、そう思いがち。

 

でも、靴が駄目になる前に、

サイズアウトするのは、

小さな子供の場合仕方がないこと。

 

それより、

合わない靴を履いていることの方が、

足の成長を妨げるというデメリットがあります。

 

その時その時の

ピッタリの靴を選んであげてください。

中敷きを入れて調節することはしないで下さいね。

 

あなたの大切な子供さんが、

足の痛みや違和感を感じることなく、

めいいっぱい動けるようにしてあげましょう。

 

では、成長の段階別の

靴選びのコツを伝授しましょう。

 

歩き始めた頃

 

つまずきやすい時期なので、

靴の素材が柔らかいものがベスト。

足首を保護するために、

足首のくびれまで高さがあるものを選びましょう。

 

とことこ歩けるようになった頃

 

あちこち動き回って運動量が増えるので、

通気性の良い素材を選びましょう。

 

走れるようになった頃

 

足首が動きやすいように、

ローカットのタイプがおすすめ。

 

この頃には、自我が目覚めてきて、

何でも自分でやりたい頃。

自分で靴の脱ぎ履きが

しやすいものを選びましょう。

 

飛び跳ねるようになった頃

 

土踏まずの形成が始まります。

激しい運動をするようになるので、

つま先やかかとが

しっかり保護されているものを選びましょう。

 

 

成長には個人差がありますから、

「何歳になったらこれ」とは言えません。

 

成長段階を目安にして、

お子さんに合ったものを選んでくださいね。

 

子供靴のサイズはこう選ぼう!選び方のコツを押さえたマニュアルをチェック!

 

靴のサイズを決めるには、

足長と足囲を測らなくてはいけません。

 

靴屋さんへ行ったら、

測ってくれるところもありますが、

全てのお店でしてくれるわけではないので、

あなたが自分で測れた方が良いですよね。

 

自宅で測定する方法を紹介します。

 

スケールをダウンロードできますので、

是非活用してください。

 

【ASICS公式】|おうちで簡単!お子さまの足とシューズのサイズチェック|アシックス
いくらいいシューズを購入しても、足に合っていなければ機能が活かせないだけでなく、歩き方や運動量にまで影響を及ぼしてしまいます。日々成長していく子どもの足だからこそ、定期的に計測して足に合ったサイズのシューズを選んであげるようにしましょう。

 

これで、足の測定が出来たら、

先ほどお伝えした靴選びのポイントを

参考にして、靴を選びましょう。

 

サイズを測ったら、実際に履いてみましょう。

チェックポイントを挙げていきます。

立った状態で、足の指先から靴まで10mmほど空いていること。
足の指はある程度自由に動く余裕が必要。
マジックテープなどで、甲がしっかり固定されていること。
靴底が柔らかいもの。
歩き出しの時に、親指の付け根あたりで、曲がりやすいかどうか。
かかとがしっかり補強されたつくりになっているもの。
脱ぎ履きしやすいもの。

 

これが

靴選びのときに、しっかり見て欲しいポイント。

 

最初に中敷きを入れて調節しないで

といいましたが、

中敷きを入れて調節できるのは、

今説明したポイントの②だけです。

 

成長して中敷きを外したときにも、同じこと。

他の部分に関してはフィットしていないわけです。

 

以上のことを踏まえて、

あなたのお子さんにピッタリの靴を選んで下さいね。

 

子供靴のサイズ選び、マスターしたら通販でも買える!?人気サイトをご紹介!

 

子供の靴の選び方、足のサイズの測り方を

ママのあなたがマスターしたら、

わざわざ店頭へ行く必要もなくなります。

 

子供を連れて出かけることも大変ですが、

さて靴屋さんへ入って、試着しようと思ったら、

ご機嫌斜めで全然試着してくれず、

結局買えなかった、

なんてことにだってなりかねません。

 

ママも子供も疲れることなく買えるとしたら、

それは通販!

子供が小さいうちは、是非、利用しましょう。

 

あなたが子供の靴のサイズを測れるようになっても、

靴のメーカーによっては、多少の差があるもの。

前と同じメーカーなら安心だけど、

違うメーカーを買うのはちょっと不安。

 

そんなときは、

返品無料のショッピングサイトや

靴の試着可能とうたっているサイトを

利用すると良いでしょう。

 

Amazonファッションは、

対象商品で30日以内なら、理油を問わず返品可能。

返品の送料も無料なのです。

 

普通の通販サイトなら返品はできても、

返送代金はかかりますから、これはありがたいですよね。

 

Amazonのサービス「プライムワードローブ」は、

試着をしてから、購入するかどうかを

決められるサービスです。

 

これだと、何足かを取り寄せて、

その中からピッタリ合うものを選べるからとても便利。

 

Amazonプライム会員にならなければいけませんが、

子供が小さいうちは、子供の靴以外の買い物も、

毎回これで買い物すると決めておけば、

とてもお得。ありがたいサービスです。

 

まとめ

 

子供は色んなことに興味を持つので、

動き回りたいはず。

 

ちょっと目を離したら、あんなところまで行ってる!

なんて経験あるでしょう?

 

興味のあるものに触れて、

たくさんの刺激をもらい、成長していくのです。

動きを妨げないようにしてあげましょう。

 

動きにくい靴を履いていると、

歩くことが嫌いになりかねません。

興味をそそられても、移動することを面倒に感じ、

様々な刺激を受ける機会を逃してしまうのです。

 

そのくらい子供の靴選びは大切だと思って、

選んであげてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました