ガーデニングするならこれもほしい?フェンスをDIYする方法とは?

ライフスタイル
この記事は約9分で読めます。

 

ガーデニングが趣味のあなた。

お庭で過ごす時間が長いことでしょう。

 

お庭で作業していると、通りからの

人の視線が気になることもあるのでは?

 

フェンスがあれば心置きなく

ガーデニングが楽しめるかもしれませんね。

 

フェンスがあれば、目隠しになるだけでなく、

お庭の雰囲気を変えることもできます。

 

フェンスにハンギングバスケットを飾ったり、

棚を取り付けてみたり、

ガーデニングの楽しみも増えそうです。

 

人の目を気にせず、

お庭でくつろぐこともできますし、

防犯の面でも役に立ちます。

 

色んなメリットがありますから、

是非、お庭にフェンスを設置してみましょう。

 

大がかりなことのように感じるかもしれませんが、

簡単なフェンスなら、自分で作ることが出来ますよ。

 

フェンスをDIYする方の多くは、

木の板やすのこを利用しています。

 

好みの色にペイントして、

デザインも自由に楽しんでいるようですよ。

 

いくつか例を紹介しますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rumi(@rumi.618)がシェアした投稿

 

高さはそんなにないので、

目隠しにはならないかもしれませんが、

お庭の雰囲気が、とても

おしゃれにかわいくなるフェンスです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

るるちゃん♪(@ruru_3572)がシェアした投稿

 

水色のフェンスがマッチしていて、

素敵なお庭ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

tae(@marukooo29)がシェアした投稿

 

これはかなりしっかりしたフェンスですね!

台風が来たときなどのことを考えたら、

これくらいしっかりしたフェンスだと安心かも。

とてもDIYとは思えない出来栄え。

 

和風のお庭なら、

こんな竹のフェンスはどうでしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

THREE Co.,Ltd.(@three.ueki)がシェアした投稿

 

ガーデニングをより楽しめる!?フェンスをDIYで設置する方法を解説!

 

では、フェンスのDIYの方法ですが、

ここでは、数本の支柱に

板を横に張り付けるタイプを紹介しますね。

 

必要なもの

 

  • 支柱の木材
  • 支柱と支柱の間に打ち付ける板
  • 防腐・防虫用のペンキ
  • 束石
  • モルタル
  • ビス
  • 電動ドライバー

 

フェンスをイメージする

 

作りたいフェンスについて、

しっかりイメージしましょう。

 

出来上がりの高さ、支柱が何本いるのか、

目隠しとなる板が何枚いるのか、

支柱を差し込む土台の束石がいくつ必要なのか、

どんな色にしたいのか。

 

細かいところまで考えておく必要があります。

 

目隠しの効果を発揮させるには、

一般男性の平均的な目の高さが160センチと考えて、

支柱の高さを選びましょう。

 

板と板の間隔は、

狭ければ目隠し効果が高くなり、

広ければ風通し、日当たりが良くなります。

 

打ち付けてしまったら、

変更するのは大変ですから、

よく計画して位置を決めましょう。

 

よっぽどのぞき込まない限りは、

板と板の間は2㎝ほどあけていても、

目隠しの効果はありますよ。

 

支柱の高さ、板と板の間隔が決まれば、

板の枚数を計算できますね。

 

フェンスに使う木材を選ぶ

 

フェンスに使いたい木材

(支柱になる木材と、支柱に貼り付ける板)

を選びましょう。

 

おすすめの木材は、「ハードウッド」です。

 

木材にペンキを塗る

 

木材にペンキを塗りましょう。

 

そのまま木材を使うよりも、

ペンキを塗るのがおすすめです。

それは、オシャレだからだけでなく、

防腐、防虫用のため。

 

木材はどうしても

雨風に当たることで腐りやすいので、

防腐、防虫用の

ペンキを塗ったほうがいいのです。

 

ペンキを塗らずに

そのままの木の雰囲気を使いたいなら、

木材選びの時に腐りにくい種類のもの、

耐久性のあるものを選んで下さい。

 

それが、先ほどおすすめといった

「ハードウッド」。

腐りにくいものとして人気があります。

 

また、木材の様に見える樹脂製の

「マイティウッド」

「アルファウッド」もおすすめですよ。

 

土台となる基礎部分を作る

 

土台となる束石を使って基礎部分を作ります。

 

この基礎作りに関しては、

こちらのサイトを参考にして下さい。

 

ウッドフェンスで大切な基礎づくり!DIYポイントと流れを解説! - Hiroの手作り木工ブログ
自宅にウッドフェンスを作りたいんだけど、基礎ブロックはどうやって設置すれば良いのかな? こんな疑問にお答えします。 まず、こちらをチェック! ウッドフェンスを作る上で基礎づくりは最も重要な工程です。支柱に貼られた板は風を受けやすく、貧弱な基礎では風圧に耐えられず倒壊の恐れもあるのです。ウッドフェンスを作る時は、頑丈な基...

 

柱を束石にモルタルで固定する

 

基礎部分が出来たら、束石に柱をさして

モルタルで固定します。

 

板をビスで固定する

 

支柱が固定されたら、

あとは板を横に等間隔に

ビスで打ち付けて固定していく。

 

 

ここでは、板を横に

張り付けるタイプを紹介しました。

横に貼り付ける方が、目隠し効果が高くなります。

 

板を縦に張りたい場合は、

隙間をできる限り狭くした方が、

目隠しには良いでしょう。

 

ようやく完成です。

 

今紹介した方法で作るフェンスの

イメージはこんな感じです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウニョコ(@unyoco115)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

masuda makoto(@masuo1123)がシェアした投稿

 

ガーデニングがさらに楽しくなる?フェンスに扉をつけるのもDIYで叶っちゃう!

 

ラティスを扉として使う方法はどうでしょう?

 

手作りフェンスの支柱と支柱の間に、

ラティスを取り付けるのです。

片方の支柱とラティスを、蝶番を使って固定します。

 

お好みで、取っ手や鍵ををつけたりすれば、

使いやすくなりますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TotalBeautyLounge花香〜かか(@erista_gramatsuo)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hikari_miffyがシェアした投稿

 

イメージとしてはこのような感じです。

簡単にできそうでしょう?

 

こちらは、扉自体もフェンスと同じように

手作りしたものを使っていますよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kokotsuku(@kokotsuku__ie)がシェアした投稿

 

まとめ

 

日常生活から離れて

何か物作りをするのって、

気分転換にもなるし、

没頭できて楽しいですよね。

 

手作りフェンスは、

少々大変かもしれませんが、

目隠しもできて、

自分好みの庭作りができますから、

やりがいがあります。

 

完成したときの喜びは、

きっと予想以上に大きいはず。

 

短期間で作ってしまおうと思わず、

少しずつ仕上げていきましょう。

 

あなた好みのお庭が出来上がっていく

過程を楽しんでくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました