プランターで育てるのに向いた花は何?おすすめの花8選をチェック!  

花・植物
この記事は約10分で読めます。

 

「お花を育ててみたいな」

そう思ったときに、プランターを使えば

手軽にガーデニングを楽しめますよね。

 

ホームセンターに売っているお花の苗は、

大概プランターで育てることが出来ると思います。

 

しかし、どういうわけか、

すぐに枯れてしまう

という経験をしたことがある方、

いるのではないでしょうか?

 

プランターに植え付けたお花を、

きれいに長持ちさせるために、

プランター栽培の注意点と、

おすすめのお花を紹介していきますね。

 

プランターに植えたお花が枯れてしまう原因として

こういったことが考えられます。

 

  • プランターの大きさが、その花に合っていなかった
  • 土に問題があった
  • プランターの置き場所に問題があった
  • あまり元気がない苗を選んでしまった
  • 寄せ植えの時に、花同士があまり相性が良くなかった
  • 水やりの仕方に問題があった
  • 花が咲き終わった後の、花柄摘みをしていなかった

 

枯らしてしまった経験がある方は、

思い当たることがあるのではないでしょうか?

 

プランターの大きさ

 

選ぶお花によっては、

縦に根を張るタイプだったり、

横に根を張るタイプだったり、

根の生長がとても速かったりなど

様々なタイプがあります。

 

プランターが大きすぎたり

小さすぎたりすることで、

花の生長に影響が出てきます。

 

土選び

 

土の問題ですが、土選びで重要なのは、

水はけが良く、水持ちがいいこと。

 

矛盾しているように思いますが、

おすすめするのは、土や肥料の大きさが

色々混ざり合っている培養土が良いでしょう。

 

プランターの置き場所

 

日当たりの良い場所に置くのが良いですが、

直射日光が常に当たる場所は避けて下さい。

 

コンクリートやアスファルトに置くことで、

プランターが熱を吸収し、

プランターの中が熱くなりすぎることも

枯れてしまう原因となります。

 

苗の選び方

 

苗を選ぶときのコツですが、

購入してプランターに植えてから

花が咲くようにと言う意味で、

つぼみがたくさんあるものを選ぶ方多いでしょう。

 

きれいに花を飾るためには重要かもしれませんが、

もっとも見て欲しいのは、茎が太くて葉が元気なこと。

 

購入する時点で元気な花を

咲かせていることを見てくださいね。

 

花同士の相性

 

花の種類によって、好む環境が違うのは当然です。

 

  • 寒さに強い
  • 暑さに強い
  • 湿気に強い
  • 乾燥に強い

 

それぞれ特徴がありますから、

よく似た環境を好むもの同士で

寄せ植えすることがいいでしょう。

 

水やりの仕方

 

水やりは、日中の

日差しがきつい時間にすることは避けましょう。

 

プランターの中が高温になっているときに

水やりしてしまうと、

根腐れを起こす原因となります。

朝や夕方がおすすめ。

 

しかし、冬の場合は

凍ってしまうことがあるので、

あまり気温が下がっている時間帯は

避けてください。

 

咲き終わった後の花柄摘み

 

花が咲き終わってそのままにしておくと、

見た目も良くないですし、

次に咲こうとしている元気な花の方へ、

栄養が行き渡らなくなります。

 

花柄摘みは、きちんとしてあげて下さいね。

 

おすすめの花8選(一年草)

 

では次に、こちらがおすすめの花8選です。

聞いたこと、見たことのあるお花が多いのでは?

 

パンジー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masa(@oxan_photographer)がシェアした投稿

 

マーガレット

 

この投稿をInstagramで見る

 

薬師寺美菜子♡みなちゆん(@minachun_s2)がシェアした投稿

 

ペチュニア

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちー(@chika.nana.mumu)がシェアした投稿

 

サルビア

 

この投稿をInstagramで見る

 

akiko_e(@mameco0116)がシェアした投稿

 

ベゴニア

 

この投稿をInstagramで見る

 

S.Yukari(@yuka122621)がシェアした投稿

 

ニチニチソウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

涼太郎(@ry_ot_aro_71_07)がシェアした投稿

 

インパチェンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

イクエsun(@ikuiku0205)がシェアした投稿

 

ヒャクニチソウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiyotaka Yamada(@yama_kiyotaka)がシェアした投稿

 

 

一年草のものばかり挙げてみました。

 

一年草は、花が咲く時期が終わったら、

また次の花を入れ替えればいいので、

初心者には手軽に楽しめますね。

 

プランターで育てるならこの花がおすすめ!手入れも楽なおすすめの花8選!

 

ここではそんなに手間がかからなくて、

毎年花を咲かせる多年草を8選、紹介しましょう。

 

多年草を8選

エリゲロン・カルビンスキアヌス

 

この投稿をInstagramで見る

 

t.karino(@toshi16.k_)がシェアした投稿

 

キャットミント・ウォーカーズロウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinokononiwa(@kinokononiwa_insta)がシェアした投稿

 

バーベナボナリエンシス

 

この投稿をInstagramで見る

 

きみこ(@sweet_lemon0213)がシェアした投稿

 

アストランティア・スノースター

 

この投稿をInstagramで見る

 

le ventvert(@leventvert.porcelain)がシェアした投稿

 

ブラキカム・フレスコキャンディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sachy_23がシェアした投稿

 

ガウラ・ガウディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ken(@kenny.1956)がシェアした投稿

 

キャットテール・バリエガータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

…☪(@shi.zku)がシェアした投稿

 

オステオスペルマム

 

この投稿をInstagramで見る

 

K E I(@o.kei.cyan.32)がシェアした投稿

 

 

いかがでしょう?

一つでも聞いたことがあるものはあったでしょうか?

 

どれも、難しい聞き慣れないものばかりですが、

比較的育てやすいものばかり。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

いざプランターに植えつけ!おすすめの花が分かったら、植え方もチェック!

 

プランターでお花を育てるときの、

基本的な植え方を紹介しましょう。

 

まず、準備するもの。

 

  • 鉢底石
  • 肥料
  • プランター
  • スコップ
  • グローブ
  • エプロン
  • じょうろ

 

植え方

 

プランターの底に、鉢底石を敷く。
培養土をプランターの縁の1,2㎝下のラインまで入れる。
花の苗より、一回り大きめの穴をスコップであける。
購入した苗をポットから出して、少し土をほぐす
苗を植え付ける
じょうろで土全体に水をたっぷりあげる

 

これを参考にして植え付けてくださいね。

 

寄せ植えにするときは、

あまり苗をくっつけすぎないように

気をつけてください。

お互いが生長を邪魔してしまいます。

 

まとめ

 

プランターでガーデニング、

出来そうな気がしてきましたか?

 

どんなことにしても、

最初から上手くいくことはありません。

楽しんでやることが大切です。

 

きっと、そのうち

きれいなお花を咲かせることが

出来るようになりますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました