エクステはどの種類がいいの?ビギナーにおすすめの種類を知りたい!

雑学・豆知識
この記事は約7分で読めます。

 

ロングヘアにしたいと思っても、

伸ばすのは中々面倒ですよね。

ロングになるまでに時間がかかるし、

伸び途中の中途半端な状態も鬱陶しいですね。

 

そんな時はエクステが便利ですよ。

種類も多いので、初めてだと

どれを選べばよいのかわからないかもしれません。

 

ビギナーにおすすめなのは

シールエクステやプルエクステです。

 

エクステは種類がいろいろあって選べない?!ビギナーにおすすめの種類はこれ!

 

エクステなら

あっという間にロングヘアにしたり、

差し色を入れたりすることもできます。

 

エクステにはシールや、金属チップ式、

編み込み式や超音波、プルエクステなど

様々な種類があります。

 

シールエクステ

 

ビギナーにおすすめする1つ目は

小さいシールで付けるシールエクステです。

 

編み込みでつけるタイプだと、装着部分が

ボコボコしてしまいますが、シールなので

凹凸がなく、自然な仕上がりになります。

 

貼るだけなので取り付けにかかる時間も短く、

つける時に髪を引っぱらないので

痛くないのもメリットです。

寝る時も痛みを感じにくく、トータルで見ても

違和感があまりないので、初心者でも使いやすいですよ。

 

デメリットは強く引っ張ったり、ブラシで

とかしたりすると外れやすいことです。

また熱にも弱いので、ドライヤーや

ヘアアイロンで色々なアレンジをしたいなら

他のタイプの方が良いでしょう。

 

あとは、平たいシート状なので、

ボリュームアップの目的でつけるなら

向いていないでしょう。

後ろ髪より前髪やサイドにつけるのに向いています。

他の色を混ぜられないのもデメリットの一つです。

 

シールを取り外すには、専用のリムーバーや

アセトンを含む除光液などを使いますよ。

相場は10本4,000円程で、一度つけると

約1か月半持ちます。

 

プルエクステ

 

次におすすめなのがプルエクステです。

これは特殊なひもで地毛に直接つけるタイプです。

くっついている部分は2 mm前後ととても小さいので

目立たず、取り付けに時間もかかりません。

 

1束が細くて、結び目も小さいのでエクステが

浮いてしまう心配がありません。

 

さらに、人毛が使われることが多く、

地毛と質感が近いので、

絡みにくくよく馴染みます。

 

また、しっかりくっつくので、

シャンプーの時に

ゴシゴシ洗ってしまっても取れにくいです。

 

シャンプーする時や結ぶ時に

ダメージを与えないよう丁寧に扱ったり、

トリートメントなどでケアしたり、

初心者にはお手入れが面倒に感じることも多いです。

 

プルエクステはお手入れが楽なのでおすすめですよ。

綺麗な髪が3か月から半年ほどと

長持ちするのも嬉しいですね。

 

デメリットは付ける部分がちょっと

硬くなってしまう点ですが、小さいので

そこまで気にはならないでしょう。

 

高くてもいいから自然でお手入れが簡単なのがいい!

ということなら超音波エクステがおすすめです。

専用の機械を使って、超音波でくっつける方法です。

 

あっという間に付けられて、

シールやキャップなど、

付ける部品がないので違和感もありません。

毛束が細く、地毛とも馴染みやすいですよ。

 

エクステなのに、つけていない時と同じように

シャンプーしたり、ドライヤーしたりできるのも

魅力です。髪にも負担が少ないですし、

あなたにとってもストレスが少なく済みますよ。

 

デメリットは専用の機械を持っているサロンが

限られていることや、費用が高めという事です。

 

10本で6,000円前後かかることが多いですよ。

約1か月半持ちますが、続けるとなると

結構費用がかさみそうですね。

 

また、取り外すときも専用薬液が必要なので

自分で取ることはできません。

 

あとは、エクステの色を混ぜることはできないので、

用意された色から選ぶことになります。

 

ただ、中には染められるものもあるので、

つけてからカラーリングする方法もありますね。

体質によっては、超音波の音が苦手な場合も

あるようです。

 

デメリットもありますが、メリットがかなり

大きいので、費用の問題をクリアできるなら

断然おすすめです。

 

エクステの種類は髪に使うものだけじゃない!まつげもエクステで盛っちゃおう!

 

エクステは髪用だけではなく、まつげにつける

マツエクもありますね。

 

まつげの長さやボリュームを増やすことができて、

毎日のメイクでビューラーやマスカラの手間が

減りますよ。

 

マツエクには長さや太さ、本数、

カールのかかり具合などに種類があります。

 

長さは一般的には9mm~14mmほどで、

長いほど印象的な目元になります。

ただ、長いとその分取れやすくなります。

 

太さは通常0.1mm~0.25mmほどです。

0.1mmは一般的な自まつげと同じくらいの

太さになります。

 

0.15mmがだいたいマスカラ1回分、

0.2mmだとマスカラ2回分くらいの太さです。

長さ同様に、太い方が印象的ですが取れやすくなります。

 

本数は100本コースが多く、つけ放題プランもあります。

 

片目50本ずつの100本コースだと

ノーメイクでもナチュラル感があり、

 

120本だとマスカラを塗ったような

ぱっちり感が出ます。

 

140本や160本だと

ふさふさでゴージャス感が出てきます。

 

カール具合にも種類があり、

人気なのがJカールやCカールです。

Jカールが最もカールが弱く、

次にCカール、Dカールとなります。

 

Jカールは日本人のまつ毛に

近い角度と言われていて、

ナチュラルな目元に仕上がります。

 

毛先だけがカールした形で、

たれ目っぽくも見えますよ。

 

Cカールはビューラーしたような

くるんとしたカールで、

ぱっちりした目元になります。

 

Dカールはお人形のような

くりくりの目元になります。

ボリュームたっぷりで

セレブっぽい雰囲気が理想ならおすすめです。

 

元々のまつげや

目元によって個人差もあるので、

サロンで相談してみると良いですよ。

 

他に、カラーエクステもあります。

カラーバリエーションはかなり豊富で、

黒に飽きたらブラウンやパープル、

レッドなどにしてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

 

エクステには色々な種類があり、時代とともに

進化しているのだなと実感しますね。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、

付けたい場所やボリューム感、

イメージに合わせて選びましょう。

 

あとは費用やお手入れをどこまで頑張れそうか

が決め手になりそうですね。

 

毎朝のメイクが時短になるマツエクも便利です。

あなたにぴったりのエクステを選びましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました