5月の挨拶、フォーマルもカジュアルも上手に書く!使える例文10選

挨拶・挨拶文
この記事は約6分で読めます。

 

ビジネスでもプライベートでも

文書を書くときには時候の挨拶が

欠かせないですよね。

 

時候の挨拶は月ごとに異なりますので、

5月だったら五月の挨拶文を

文書を書くときには記入しなくては

いけなくなります。

 

5月の時候の挨拶をふやしたいという方のために、

ここでは、ビジネスとカジュアルを合わせて

10種類の例文をご紹介しますね。

 

あわせて、メールを送る際にも

時候の挨拶が必要なのかについても

ご紹介しておきます。

 

 

5月の挨拶文、これだけ覚えればOK?ビジネス用例文6選とカジュアル用例文4選

 

ビジネス用例文6選

 

ビジネス文書の書き出しで使用する

5月の時候の挨拶は、

時期によって使用する挨拶が異なります。

 

例えば、新緑の候、若葉の候などの

初夏である5月が若葉の緑がきれいな

季節であることを表しているこの挨拶は、

5月中ならいつでも使用することができます。

 

5月十使用できる時候の挨拶は、

そのほかにも薫風の候があります。

 

この~の候という言葉は、文書の冒頭、

拝啓の後に使用する時候の挨拶となっています。

 

以下に、新緑の候と薫風の候を用いた

ビジネス文書の例文をご紹介しますね。

 

例文1

拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のことと

お慶び申し上げます。

 

平素は、貴社製品をご愛用くださり、

誠にありがとうございます。

 

 

そのほかにも5つ5月の時候の挨拶を使った

例文をご紹介します。

 

例文2

拝啓 薫風の候、貴社益々

ご清祥のことと拝察いたしております。

 

平素は、格別のご高配を賜り

厚く御礼申し上げます。

 

 

5月の時候の挨拶は、上記でご紹介しました

新緑の候などの5月中使用できるものもあれば、

時期を選んで使用するものもあります。

 

例えば、過行く春を惜しむ意味がある

惜春の候や初夏になったことをあらわす

立夏の候という5月上旬に使用する

ビジネス用の時候の挨拶もあります。

 

中でも立夏の候は、上旬でも

5月6日頃限定となっていますので、

ビジネス文書で使用するときには

注意が必要です。

 

上旬や5月中いつでも使用できる

ビジネス用の時候の挨拶もあれば、

5月の下旬のみに使用する

ビジネス用の時候の挨拶もあります。

 

例えば、初夏となり少しずつ暑さが

やってきたことをあらわす軽暑の候や

多くの木々が若葉で緑色の色づく季節であることを

あらわしている万緑の候もあります。

 

ビジネス文書の場合は、○○の候を

○○のみぎりや○○の折と変えて

書くこともできます。

 

この○○のみぎりや○○の折も使用すれば

文書が毎回同じような感じになることなく

バラエティに富んだ文章を書くことができます。

 

それでは、残りの4種類の

ビジネス文書で使用する時候の挨拶を使った

例文もご紹介しておきますね。

 

例文3

拝啓 惜春のみぎり、皆様におかれましては

ご清栄のこと、心よりお慶び申し上げます。

 

例文4

拝啓 万緑の折、貴社ますますご発展のことと

お喜び申し上げます。

 

例文5

拝啓 軽暑のみぎり、皆様におかれましては

ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

例文6

拝啓 立夏の折、皆様におかれましては

いよいよご清祥のことと存じ上げます。

 

 

カジュアル用例文4選

 

ビジネス文書を書くときに使用する

時候の挨拶は文語調ですが、

カジュアルなプライベート用の文書を書くときに使う

時候の挨拶は交互調になります。

 

交互調でありながらも、初夏である5月の

季節感をあらわすのがカジュアルな

時候の挨拶です。

 

カジュアルな時候の挨拶は主にプライベートで

使用するものですが、親しみを込めて

ビジネスでも使用する場合もあります。

 

それでは、カジュアルな時候の挨拶を

使用した例文を4種類ご紹介しますね。

 

例文1

若葉の緑も色濃く、美しくなる季節になりましたが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

例文2

八十八夜も過ぎ、季節は初夏となりました。

 

例文3

青葉の色鮮やかな季節を迎え、

皆様、ますますご健勝のことと存じ上げます。

 

例文4

さわやかな風が吹きわたる青葉のきれいな

季節となりました。

 

 

5月に発信するメールにも挨拶は必要?メールに使う挨拶は紙ベースと変わらない?

 

ビジネス文書やカジュアルな文書でも

5月なら5月の時候の挨拶を書き添える必要が

ありますが、メールの場合はどうなのでしょうか?

 

気になりますね。

 

実は、電子メールのマナーにおいては、

拝啓や敬具などの頭語や結語はもとより、

こちらでご紹介しました時候の挨拶も

省略するのが一般的なマナーとなっています。

 

まず、○○様とあて名を書いた後、

自分の氏名と自己紹介を記入し、

すぐに要件を欠いていくのが

正しいマナーとなっています。

 

 

まとめ

 

郵便や宅急便で送付するビジネス文書を

作成するときや、カジュアルでプライベートな

手紙を送るときは5月なら5月の

時候の挨拶を書いたほうがよいのですが、

 

メールを送信する際は、時候の挨拶は

省くのが正しいマナーなので

うっかり書いたりしないように気をつけましょうね。

 

時候の挨拶は、○○の候の他にも

○○のみぎりや○○の折などと書き換えられますので、

文書が単調にならないように、時々変化させて

文書を書くことをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました